So-net無料ブログ作成

タイル時計 手作り [Hisaさん]

DSCF9212hisatokei.jpg
Hisakoさん(8年生)のタイル時計。
フレームもご自分で探され、裏面には、ちゃんと時計サイズぴったりに、裏板をくりぬかれてお持ち頂きました。フレームはペイントされるそうです。(このままのナチュラルも素敵ですね)
Hisakoさんのオリジナルデザイン。8年生にもなられると、さまざまな技法を習得されているため、釉の中にもご自分で発見された新技も取り入れられています。

14番のピンクは、日本特有の色。スペインやイタリアではピンク系は弱く、くすんだ色か薄い色しかありません。釉作りに難しいからです。
また、同じ理由で茶色もアメ釉は日本製。
今回お使いになられた赤はバルセロナカレスの大人レッド(カレス社は会社自体がなくなりました)
コバルトは日本の九谷ブルー9色のうちからお選びいただいた瑠璃。
などなど。あたまがこんがらがりますが、8年かける月2回連続受講を継続されているHisakoさんならではの色使いです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。