So-net無料ブログ作成

レジョナーレ イタリアンタイル [注文・制作、施工例pocoApocoRica作品]

レジョナーレ、イタリアンタイル、
窯入れしました。

image-20130419000329.png

明日の夜か、明後日の窯出しです。

明日夜の教室では、お披露目できるかしら?

5月1日のオープンに、この看板タイルをショップカードに印刷して使うという壮大な計画ですが、間に合わせるため、特急で焼きました。
というわけで、今日もまた、アクロバットな窯たきです。
まあ、当初のバルセロナ時代のガス窯たきよりは、ずっとましですが、それでも、なかなか、毎回違う窯たきです。
電気窯なので、簡単にも使えるんですが、
そこは、スカット窯。 本格的な陶芸テクニックのたきかたまで、いろいろ工夫できるんです。
ほほほ。
窯出しも15分ごとや、30分ごとに、温度を確認しながら、あけていくんです。

通常陶芸とは、材料3割り、形3割り、窯3割りの それぞれ同等の技術が必要。教室では9割りを工房の準備でその1割りにあたる絵付けをとことん追求しておるわけです。さて、その1割り、これがまた、ピカソやミロクラスの力が必要なんで、まあ、100ということでしょうか。

pocoApocoアミーゴたちよ、もちろん、スマートな焼成方法もあるので、大丈夫ですよ。(今回のようなたきかたは、マレです。えっっ、毎回やってか〜(笑)。

並行して、チビ窯テストピースは、今日もたく。


image-20130419000446.png

前回7度目の色だしで、近づいたのですが、またまた遠のき、
鏡周りのたいる、できるかな。


image-20130419000621.png

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。