So-net無料ブログ作成

スペインタイル セビリア焼 [セビリア焼]

norimaru20130503.jpg


これこそスペインタイル。
Norikoさん、10年生(先月より、スペインタイル講師養成コースに編入)
によるザ、スペイン。
図案は、バルセロナに8年住んでいた陶芸家のXiekoさんが、帰りに買って来たセビリア焼より。

スペインの材料やさんには10番のアスールと同じ色売っていない。各工房で作られている色のようだ。
のに、このセビリア焼は、pocoの10番と同じ色です。

セビリア焼の為に、作ったpoco10番なのだった。

ちなみに、つい最近まで、日本でも、素人が陶芸材料を買う事は不可能だった。(最近というか、私が美大生のころですが)。 その後、陶芸ブームが起こり、だれでもが買えるようになりました。
でも、いまだに、専門の顔料屋さん(京都の清水焼き)などは、職人さんしか上手に買えません。
それと同じ。
スペインやイタリアでも、簡単に材料が手に入るわけではありません。
また、色を発色させるには、材料学の知識がないと怖いんです。
このあたりが、手芸と工芸の大きな違いだとおもいます。

スペインで材料を購入するためには、まずは、バレンシアのマニセス陶芸学校を卒業するなど、専門の知識を持った上で、探すのがベスト。マニセス陶芸学校は、材料学もちゃんと併設されています。
ちなみに、バルセロナとバレンシアで、私の知っている範囲ですが、ちゃんと材料学があるのは、バレンシアのマニセス陶芸学校のみです。 (日本の美大の陶芸には、かならず、あります)

無知に、「絵の具だ〜」とか、簡単に考えると、日本の河川が恐ろしい事になりますよ。
気をつけましょう。
ちなみに、日本で行われている絵付けのお教室で、ポーセリンとかチャイナとかというところは、材料が厳しく制限されているため、安心です。

つでに窯の宣伝も(笑)
窯も、ちょっと前までは、とても、素人が買えるものではありませんでした。
窯だけで車一台分、設置場所も小屋を建てるなど、とても富豪でもナイ限り不可能。 それが、陶芸ブームとなり、一般的になり、どんどん毎年良い物が手に入るようになりました。
ただし、窯の焼成は絵付けと同じぐらいの「知識」が必要。特にスペインタイルの材料は七宝焼同様、有毒なので、知識なしだと、怖いです。
でも、ちゃんとした「窯知識」の元、poco卒業生には、指導しますので、大丈夫。

バルセロナのマルク先生もおっしゃってます。恐れる事はない。ただ、知っておく必要がある。
そうですねっっっ
うんちくコーナーでした。(笑)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。