So-net無料ブログ作成

ミラーフレーム タイル [注文・制作、施工例pocoApocoRica作品]

espejo201404.jpg
真ん中に鏡が入ります。
フレームもpocoApocoデザインです。

削って、合わせました。スペイン製のタイル生地は、端が荒く、削って設置します。
日本製のタイル生地は、人の手で最後に端を手でさわって、滑らかにしてから焼く。 製法と、タイル生地への思いやりの差ですね。こんな小さなところから、ニッポンの工業力の差が産まれて来たんですね。(1970年代にはヨーロッパ、アメリカのタイルシェアNo,1だった日本のタイル産業。メインはドイツ支社だったとか。)

さて、南船場では、
貼り付けです。 3ヶ月半かかって、ようやく完成なるかっっ。 鏡は3つ目なんですが、タイルが大変でした。バルセロナで作って来た2枚のタイルを気に入って頂き、追加で6枚ご注文頂いて、それを再現するのに3ヶ月。。
通常、この「線」の作品は、注文制作ではほとんど不可能なためおうけしていませんでした。別の安定した「線」での置き換えと思っていましたが、
お時間を頂いていたため、ちょこちょこチャレンジしておりました。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。