So-net無料ブログ作成

オリジナルタイル [Hisaさん]

DSCF3995hisa.jpg
DSCF3987hisa.jpg
新しい釉薬を研究しながら、
Hisaさんのオリジナルタイル。
成分の大きく違う黄色(バルセロナ黄色と、バルセロナCd 系黄色)微妙に接しても大丈夫でした。
クエルダセカとは、マンガンのラインで分ける、一つの区切りに一色。色同士が接しないから、いろんな成分のキレイな色が出ます。
釉薬は、それぞれ、色によって性格が違います。性格とは、膨張率だったり、溶解温度だったり。 色によって窯の中で、溶ける温度が違う。固まる温度も違います。そして、釉薬はそれぞれ有る温度になると膨らみます。そして、そのふくらみ度合いも違います。冷めるときは、縮みます。 それぞれの色によって、それぞれが違う。さらに、釉の「厚み」によっても反応が異なったりします。(なので、工房では、混色や、接する色の場合はとても神経を使います。基本をお伝えし、その上で、実際に焼いてみて、どう出るかを体得して頂きます。個人によって、また、そのときによって、厚みも違うから、一概にはいえないんですけど、)

陶芸ではひとこと「性格が違う」っていいますが(笑)
ガラスの世界では膨張率が違うと割れてしまってアウトですがね。陶芸はゆるせる幅が広いです。なので、わたしpocoriは、ガラスのような陶芸がすきなんですが。

 上級者になると、経験、体験より、窯の中での偶然性(焼き物として)を利用し、絵画にして行きます。
今回の課題は、「チョコ割り+白の違いを知る」あと、「自由」という、ごっつい課題(笑)です!

また、Hisaさんは、お菓子大名でもあられます(笑)
ウミガメマカロン、はじめて頂きました〜
20140710umi.jpg
DSCF4004umigame.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。