So-net無料ブログ作成
織部タイル ブログトップ

織部釉によるトルコタイル アンティーク [織部タイル]

オリベ釉は4色使って頂いておりますが、とっても上級者用です。
(初級者からも使用可能ですが、初級者はたいがい泣かされます。泣きのオリベです。(笑)
今回の作者は、超ベテラン組(現、第二、四木曜日チーム)
2003年スタートのJUNKOさん。2004年スタートのHISAKOさんのご紹介です。(月2回継続)

織部色を使ったトルコタイルより発想を受けたHisakoさんの作品
使用釉:日本製 織部(濃いガラス)、青、ローズピンク(セミオパコ)、ひわ、レモン、乳白(オパコ)
バルセロナカレス製 深紅(赤)
ガラス系(スペイン) オレンジ、ライラック
オパコ(マット)系(スペイン) イングリッシュグリーン など 
DSCF7116blg.jpg

DSCF7118blg.jpg

織部A,Bを使ったJUNKOさんのオリジナル(背景にはガウディー割りを施して)
日本製濃いガラス釉の織部AとB、飴釉。 乳白(オパコ)、デルフト使いの混色。
ご自分でませられたグレー系 など。
DSCF7124blg.jpg

濃いガラス系釉は、窯変するは、赤系は「食う」は、一色で6色ほどのトーンは出るは、文字はつぶれるは、、ですが、とっても素敵な色です。
19世紀イギリスではマジョリカ焼きの土に、日本の民芸の織部や飴釉を使ったスリップアートが盛んでした。もちろん、14〜17世紀のスペインの古典(アラブの陶芸`タイル美術も入っています)
日本の民芸(高温陶器) →→ イギリス(マジョリカ焼) →→ 大阪pocoApoc0(マジョリカ焼)(笑)で色を再現。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

秋色タイル:オリベの習作 [織部タイル]

11_1128junaki.jpg
11月に焼成済みの秋色タイル:オリベの習作(ご自宅制作)です。
Junkoさんタイル歴7年(あら?8年かしら)にもなられると
色作りもご自身で。(上級者以外の方は混ぜ色はくすむのでおすすめいたしません。釉の性質をご理解の上でお願いします)
オリベはpocoの日本製を使用。うすピンクはバルセロナの粉末釉。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

アンティークタイル復刻 [織部タイル]

antiquetile.jpg
上から
アンティークタイル。19世紀イギリスの色は、日本のオリベや飴釉をマジョリカ温度に調整したものでした。
初心:Yukieさん(飴釉練習課題)
初心:Reinaさん(ネグロ一松課題をアンティーク窯変に変換)
中段/上級:Hisakoさん 窯変を狙った習作
下段/初級 Tomoさん 、 Etsukoさん こちらの制作が通常の課題です。

****
reirie.jpg
RIEさん(奈良)初心コース
基礎課題;ガラス釉使いのブルーモスクより

RREINAさん(京都)初心コース
基礎課題;フローレス(イズニクフラワー1)
アルハンブラ;果敢にアンティーク色に挑戦しました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
織部タイル ブログトップ