So-net無料ブログ作成
Reiさん ブログトップ

ガウディタイル バルセロナ編 [Reiさん]

バルセロナ現地レッスン12に参加いただいたReiさん作。現地制作のつづきのように、大阪で。ガウディ割りの上級バージョンです。

みんなおなじみシュガー釉。その黒バージョンと、光沢のある黒。 しっかりはっきりでました。この日本の結晶釉を使う事により、「べたっとした印象になる茶色タイル」に味のあるアート性がでました。
味のある深みを出すには、ガラス釉が良いのですが、さて、茶色タイルで発色するガラス釉がほとんどありません。(スペイン製のセットの場合)。くすんでしまうためです。
 そこで、日本製の中間釉(ガラスとマットの間)を茶色ベースにもあうように調合したりしながら、実験実験ドキドキしながら使って頂いています。

美しいタイルは、つるつる面にして焼く事。
そのためには、
1, 濃度よし
2,カタチよし(ちゃんと一気にはいるかたちかな?)
3,技術良し(つるつるにしあげてるかな?)
4,釉の仲間間違わない(相性の良い釉同士って、体得してる?)

で、いきましょう〜

通常制作時間(15cmにかかる)
初心、初級者は2時間から4時間平均
中級以上は、5cm角に2時間、15cmだと10時間程度になります。
最後まで工房で仕上げるのも作品の良くなる秘訣。pocoriが見届けたいのです。(決して、途中でお家に持って帰らないでねっ)
そのかわり、新システムでは、中級以上のおうちで作りたい方へも、通信過程ができるようになっています。お月謝コースでは、5~8回分が使えます。

さて、この作品。お見事!!! スタジオ内でもため息の聞こえるブラボー作品でした。
なぜ、この作品、こんなに素敵かって、コンセプト! バルセロナ旅行でも、なかなか行けない「コロニアルグエル」にある、ガウディのステンドグラス。実際に新婚旅行で行かれた印象を、その数年後、バルセロナ再び、制作ツアーで、研究素材とし、いきついたこの作品です。 
そのコロニアルグエルへの旅の直後、スペインで見たタイルに感動され、ご自身でもつくってみたいと、pocoApocoに参加していただきました。それから数年。まさか、の、すばらしい作品です。
いつものReiさんの作風とはひと味違い、ガウディ+Rei.

DSCF5239rei.jpg

DSCF5242rei.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

アメ釉の美しいマジョリカタイル [Reiさん]

rei110823.jpg
reinaさんの作品
アメ釉の美しいオールドブリティッシュなreina版。
古典をアレンジしたバレンシアのタイルde京都版。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

イギリス古典タイルデザイン [Reiさん]

reieng.jpg
イギリス古典タイルデザインより
Reinaさんの作品。
ぷっくり膨らみました。
reinapaja.jpg

<表札デザイン可能>
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

とりタイル [Reiさん]

reinatori.jpg
前回の表札タイルに引き続き
びっくりタイルを焼き上げたREINAさん。
今回のマケット(習作)は、次回制作のお皿の色出し練習です。
マケットなのに〜作品に仕上がってますね!
これも表札タイルのパーツに使えます。

初心(プリメラ1級)。まだ30回です。なので、
すべて初心技法。初心クラス用基礎釉を使用。
すべて基礎編なので、ご自宅制作で仕上げて頂きました。
製作所用時間は尋ねるのも怖いです。(7.5cmX15cmサイズに何時間、、、)

pocoの基礎釉は日本製のため、ガラス釉とマット釉の中間にあたる釉なので扱いやすいです。よい感じに色むらが出るのはそのためでしょう。
バックはpoco製のROJO;JAPANで、スペイン製のガラスROJOよりまろやかに仕上がります。緑(ベルデ)はかなりマットな日本釉。日本名はそのまま「グリン」。コバルトは九谷のブルーを混ぜ込んだ釉(瑠璃)。黄緑(ベルデイエルバ)には、「ひわ」という名前です。
スペイン読みも日本読みも日常では使わない色名で興味深いです。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ウォーホールの赤べこタイル [Reiさん]

akabeco.jpg
Reinaさん、初心コースの赤ベコタイル。
ウォーホールもスペインタイル。
色味はイギリスタイルっっ
窯変釉です。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ウォーホールタイル赤ベコ [Reiさん]

reinaakabeko.jpg
reinaさんのウォーホールタイル赤ベコ。
焼成前。
牛は赤くなります。
日本釉使用。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート
Reiさん ブログトップ