So-net無料ブログ作成

大理石の色タイル [Junさん]

大理石の色タイル
自由制作の前には必ずマケットを制作して頂きます。
マケット(習作)では、釉薬実験ですが、素敵な作品に焼き上がりました。
Junkoさんの作品

IMG_4332jun.jpg

IMG_4341jun.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

スペインタイル自由制作 [Junさん]

卒業後の自由制作コースです。
Junkoさんの可愛いタイルが焼き上がりました。

丁寧に平坦に釉薬を載せています。
大きな面積(背景など)は、特に平坦に。
焼く前も、すでにツルツルに。焼き上がりが美しい秘訣ですね。
顔の表情がいいです。でも、タイルの凹凸で表情を描くのは、とっても難しく、釉薬の厚みや性質にもよります。見事に表情が表現されました。


5F7E2743-28F0-4537-B765-CFC9FD5C1778.jpeg
D6E3178B-575A-4FE4-839B-405C8DE069B0.jpeg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

大判タイルjun [Junさん]

こちらも、毎月一回、3時間コースで自由制作されているJunさん
(卒業回数以上履修のアーティストコース)

大判タイルの制作です。

IMG_2182ju.jpg
IMG_2178ju.jpg
IMG_2175ju.jpg
IMG_2176jun.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

大判タイル [Junさん]

上級者の大判タイル(現在は別の大判タイルを制作中)

使用釉は、全てスペイン製。
水色のマット(クール色)は、バルセロナの18番です。

この大きさの作品は、コース修了までには、必ず一枚仕上げて頂きますが、Junさんのように、専門課程の自由制作では二枚目以降も制作されています。

IMG_0241blg.jpg

IMG_0242blg.jpg

IMG_0245blg.jpg

細部まで凝った作品です。

****

ウィリアムモリス割り課題で、大判タイルの制作の上級コースJunさん。
マケットも完成し、最初に計画されていたデザインより色を変えながらの制作です。

image-20150618125348.png

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

マケットタイル [Junさん]

大判タイル制作へは
マケット作りで色味の研究や、デザインの研究をします。

DSCF8130blg.jpg

IMG_2871blg.jpg

焼き上がりを見て、大判タイルへ。

IMG_0626blg.jpg

IMG_2865blg.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

イギリス彫刻タイル [Junさん]

イギリス古典タイル
ロンドンのウェストミンスター寺院の床タイルデザインを、参考に、アンティークタイルを作ります。
生のタイルを、スペイン製の専用ナイフで切り出し刀のように使用します。 細工用のカンナは、アメリカ製。 日本製の切金も使い、工夫をして、彫り込みます。
junさんの制作風景です。

image-20160522094342.png

nice!(1)  コメント(0) 

土からタイル [Junさん]

イギリス古典
ウェストミンスター寺院床タイルより
junさんの課題制作の開始です。
土が固くなってきており、最初の引っかきは、ニードル使いで。
制作後は、新聞紙に包んで乾燥を防ぎます。

image-20160229215718.png

image-20160229215808.png

以前に制作された、オールドスパニッシュタイル。セビリアより。の、ブローチ。お似合いですね〜♪

image-20160229215958.png

nice!(0)  コメント(0) 

スペインタイル自由制作 [Junさん]

pocoApocoの課題制作は、課題をふまえた自由制作でもあります。上級者になると、制作速度は初期よりじっくりと。しっかりと釉を押さえてのせていきます。
以前の制作中のお写真、遅ればせながらUp致します。

IMG_4636ju.jpg
IMG_4631ju.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

タイル時計 [Junさん]

タイル時計。
10年選手ともなると、釉薬の不思議やいろんな技法を体得して来て頂いています。その中で自由制作。この数年新しい釉薬も加えて。
結晶釉と重金属顔料の反応も。
ご自分の絵で作るタイル時計。お部屋が明るくなりますね〜

IMG_1065jun.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

大判タイル [Junさん]

大判タイル制作。
マケットという、実験作品を焼きあげ、
さなに、つくりながら考えていきます。
表面は、ツルツルすべすべ。良い発色します。



image-20150704182451.png

image-20150705151111.png

nice!(0)  コメント(0) 

大判タイル [Junさん]

ウィリアムモリス割り課題で、大判タイルの制作の上級コースJunさん。
マケットも完成し、最初に計画されていたデザインより色を変えながらの制作です。

image-20150618125348.png

image-20150618125401.png

nice!(0)  コメント(0) 

大判スペインタイル [Junさん]

大判タイルの制作junさん。
上級者の制作は、
釉薬の反応を考えながら、
マケットも焼き、
また、考えて
つくります。

image-20150514120943.png

image-20150514120958.png

nice!(0)  コメント(0) 

スペインタイル大判づくり [Junさん]

スペインタイルの大判を作ります。
上級者でも、しっかりと、マケット(色見本)を作ります。(10cmタイルで)
そのあとに、また、色を考えて、どんどんと想像力をたかめていきます。

上級者になればなるほど、一枚の制作時間が長くなるのがpocoApocoAmigosポコアポコ アミーゴの特徴かしら?

DSCF7261jun.jpg

色変更では、丁寧に拭き取ります。

20150403jun2.jpg

DSCF7270jun.jpg

スペイン製の茶色タイルですが、日本独特の発展で、茶色い部分を残します。(スペインにはない技法です)「クエルダセカの練習」として、マニセス陶芸学校(高校、専門学校)で教わりました。民芸的でかわいいぷっくり感がでます。 その「練習技法」をそれぞれに発展させてアートへと! いいですね〜。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

スペインタイルデザイン [Junさん]

DSCF6649zyun.jpg

こちらも、専門課程コースのJunkoさんの制作風景です。
釉の性質を知り、あらたに制作していきます。
工房で常に進化する課題を、ご自分の作品へと、デザイン化、制作へと発展しています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

中央図書館にスペインタイルjun [Junさん]

DSCF5212JU.jpg

来月搬入の展示会。恒例の中央図書館での展示用作品です。
アンティークなフレームとあわせてみました。
(今回の展示会では、みなさんに、このサイズを中心にフレームにあわせて展示予定です)

この作品、さすがの上級者も、かなりの時間をかけて丁寧に作って頂きました。

DSCF4002JUN.jpg

一作終って、ほっと。次なるタイル時計。2週目です。

DSCF5207JU.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

テラコッタタイルを生かして [Junさん]

DSCF4053ju.jpg

DSCF404ju.jpg

テラコッタタイルを生かして
チョコ割り、
丁寧な塗り込みで、それぞれの色の特製がよく現れました。
渦巻きも、まるで浮かび上がっているようです。

真ん中の横顔は、ポルトガルアンティークより。
技法を変えて。

**上級者なので、
ここまで、きっちりと、「色」がでました。
難しいです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

大理石結晶釉 [Junさん]

DSCF3988jun.jpg

DSCF3992jun.jpg

古典が新しい。
Junさんのデザインは、古典から発展し、
出来上がった「デザイン」を何度も微調整しながら
半年、一年と研究していきます。
大理石の結晶釉が良い風味です。

最初の研究制作はこちら
写真右の白いタイル(食器用タイル)が、pocoApocoの「課題」の一部。タラベラde レイナの古典です。
そこからはじまったオリジナル化へのプロジェクトです。「古典が新しい」
DSCF1981jun.jpg

http://spain-tile-poco.blog.so-net.ne.jp/2014-02-14-2

年明けから半年間の研究です。

さかのぼる事5年。シュガーという結晶釉を使い始めて頂きました。
その最高傑作だと言える作品がこちら。
http://spain-tile-poco.blog.so-net.ne.jp/2010-02-09

シュガーとオパコの違いを体感されました。また、どういう厚みが結晶釉に適しているかも感じて頂けました。
それから4年。折に触れ、大理石粉釉を使われ、、、今回の作品へと繋がりました。「たまたまですよ〜」とおっしゃるJunさん。はい。「たまたまは、ずっと続けると実力です」ねっ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

レンガ割りタイル [Junさん]

レンガ割り課題。
同じ課題でも、こんなに違うのがpocoApocoのクラスです。

今回のデザイン研究は、「ことし」のjunkoさんのテーマ。
同じテーマをいろんな技法、いろんな材料で、研究されています。
これもpocoApocoの工房クラスの特徴です。(akikoさんも研究家)
10年近く制作されていらっしゃると、作りたい作品の幅が広がります。
そして、それらが、全て、「新技」です!
DSCF3343jun.jpg
DSCF3345jun.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

コバルト彩色タイル [Junさん]

Junkoさんの作品。コバルト彩色の種類を増やして
制作されました。
アンティーク調です。
DSCF2978jun.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

スペインタイル午前中クラスでランチ [Junさん]

今日の、お昼クラス。お二人とも、9年間、毎月二回、きちんと通って頂いています。今年から、午前中クラスは月一回なので、ランチもご一緒♪

20140417moku.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

タラベラ焼 [Junさん]

タラベラ焼のお皿の課題が、タイルになって、
タイルが、食器になって。
どんどんアイディアが浮かびます。
タラベラ焼では、固い絵の具と柔い絵の具を体感して頂きます。
バルセロナのカレス社の固い絵の具。
イタリアファエンツアの柔い絵の具。
などなど。

DSCF1981jun.jpg

DSCF1977jun.jpg

DSCF1784jun.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

スペインタイルでアクセサリー [Junさん]

カルチャースクール(毎日文化センター、毎日新聞社本社)時代より通算8年のJさん。お持ちの色の数も相当な色数です。
「毎回ドキドキしながら作るのよ」と、おっしゃいますが、いやいや、手がちゃんと覚えていて、職人技です。
今回のペンダントは、土から型押しした素焼きより、オリジナルなアクセサリーと発展しました。
仕事が丁寧です。
DSCF1523jun.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ミニタイル [Junさん]

DSCF1123junmasa.jpg
pocoApocoでは、通常大きなタイルを作ってもらっていますが、
ミニタイルもかわいいです。
同じ図案で、初心者から上級者まで、楽しんで頂いています。
初級者の仕上がりは「味わい」があり、手作りの暖かみのある作品。
上級者の仕上がりは、スペインの陶芸学校の課題のように、コントロールされた作品。また、鉱物釉による表現。
など、いずれも、素敵な作品が仕上がりました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

タラベラ焼き [Junさん]

タラベラ焼き、古典より学ぶシリーズです。
ロクロを使って描きます。
固い顔料と、柔い顔料。を体得して頂きます。
使用ベースは、ファイアンス(ガラス質の土のこと)=マジョリカ土です。

image-20131129011116.png

DSCF0836jun.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

カタルーニャのタイルづくり [Junさん]

古典的な手法で、カタルーニャのタイルを作ります。
カタルーニャとは、スペインとはちょっと違う、
バルセロナを王都とした、南フランスまでの地区で、
文化的な影響は、イタリア南部も。
シチリア島かな。
ナポリかな。ぐらいまで。

image-20131128183004.png

image-20131128183015.png


nice!(0)  コメント(0) 

スペインタイルのクリスマス [Junさん]

上級者junkoさんのクリスマスシリーズ。フレームに入れて勢揃いです。

DSCF0828junko.jpg

DSCF0605jun.jpg

夏場にこねた土の型を乾燥させ、じっくり制作です。
通常は凹凸のある生地専用の絵の具をお使い頂くのですが、「ひわ」色を違う種類で使用されたため、縮れがおきました。
同じ色味で専用の絵の具で修正。
きれいに焼き上がりました。

中世スペインのタイルでペンダントに。いい色でました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

クリスマスタイル [Junさん]

DSCF0710jun.jpg

junkoさんのクリスマスタイル。ガラス質の飴の輝きが際立つタイル

使用釉 上級者用
飴釉、藍釉 (いずれもpoco特製日本製、食器用)
スペインの鉱物釉(スペイン製)
いずれも、コントロールの難しい(フンディエンテがそれぞれ違う)
 +スペイン製の透明色釉
 +基礎色釉。

テクニックはjunko技。このラインが難しい。

注:スペイン製は「ガラス釉」ではありません。ガラス質になるけど、コントロールできるものです。 日本のガラス釉とは、織部系や藍、飴などの例の、ほんとコントロールできないガラス液状になる釉のことで、pocoApoco特製です。
ネットなどで、スペイン製のガラス釉という表記が出てる場合もありますが、あれは、ガラス質になるというもので、まったく素材は違います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

スペインタイルのデザイン [Junさん]

DSCF0473jun.jpg

古典を正確にではなく、古典をいかに、自分らしく制作するか。
(正確に作るのなら、写せば良い。みんな同じになっちゃうでしょ)
古典から、デザイン起こしを行います。
こうする事により、アートシーンでは見向きもされなかった古典スペインタイルたちがアートの域まで引き上がってくるのです。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

イギリス古典タイル [Junさん]

junhori.jpg

2013-07-11junt.jpg

彫り込みは楽しいけど、どこで完成とさせるか、
きりがないわねえ〜
と、Junkoさん。

なんでもそうですねっ
上級者になると、「どこで出来上がりとするか」
自分で決めなくちゃならないんです。

だって、それまででも「できて」るんです。
それ以上も「できるん」です。

pocoriも同じです、どこで完成か、体力が持つまでってとこでしょうか(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

中世のイギリスタイル [Junさん]

バルセロナの陶芸材料屋さんでみつけた、生タイル。
しからば、大阪でもやってみようと、
石膏型に圧縮製法の生タイルをつくり、再現しました。
削っているのは、
イギリスのウエストミンスター寺院の床タイル(たぶん)図案より。

Junkoさん(8年生)作。

DSCF7021ju.jpg

DSCF7013jun.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート